ナポリタン、肉団子と春雨のスープ

調理プログラムでナポリタン、肉団子と春雨のスープを作りました。写真は肉団子を成形する前のタネです。

 

最近の調理は少し凝ったものを作ることが多くなったからか調理準備プログラムも調理プログラムの時間両方が時間を超過してしまうことが多くなっています。

 

次回の調理準備でどうやったら時短できるかを話し合う必要があるようですね。

ナポリタンがスープより先にできたので盛り付けをしています。最初は菜箸で盛り付けしていましたが、途中他のメンバーが気づいてトングを渡していました。

 

セレンディップでは過度なコミュニケーションは求めていませんが、仕事や生活において必要になる最低限のコミュニケーションは練習します。

 

他の人と協力しながらできるようになることが自信になって成長に繋がっていくのではないかな。

 

完成したメニューは見た目も鮮やかで、味も美味しくできました。