クリスマス会のおもてなし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマス会でもてなして貰いました。

セレンディップにはヨガのインストラクターとして月に二回だけの登場ですが、快い招待ありがとうございます。

 

みんながそれぞれ考えたもてなし方で、クッキーのお土産やポテトやケーキ、ゲーム等して頂きました。

結局ゲームは一つしか出来ませんでしたが、あれもしてあげたい、これもしてあげたいと思うもてなしの気持ちの表れだと思います。

 

自分で考えて行動して、足りない部分等もあるかもですが、彼らがしてくれた気持ちが大変ありがたい時間でした。

 

わたしの2歳の息子も楽しく遊び、クッキーをポリポリ食べて大喜びでした。

 

余談ですが、子どもが「無邪気」と言われる意味がありますが、ご存知ですか?

 

邪気が無いから「無邪気」と言うんですって~。

 

相手の喜ぶ反応が欲しくて、何から何まで用意されたら、招待された側もちょっと重たい?

 

逆にまぁまぁ、準備して「好きに飲んで食べてね~」ってフリードリンク、立食パーティーにしてくれた方が楽。

 

気遣いと無邪気さ遠いようで近い。

それをありがたいと思えるこちらの器も必要だなと思います。

 

 

(前中)