最近のセレンディップ農園

冬です。

セレンディップは冬支度してます。

写真は干し柿。

干して2週間ちょっとで食べられるようになるようで次のカフェミーティングでみんなでかじりながらミーティング予定。

春に収穫して干していた赤玉ねぎの芽がすごい出てきたので食べるのはやめてとりあえず埋めてみることにしました。

まったくどうなるか予想つきません。

大根を綺麗に畝に植えることができず、1穴で何粒かタネが入っているのでいっぱい間引きしないといけなくなるのがセレンディップ農園の特徴です。

穴のなかでせまっくるしく感じていそうなだいこんは間引きしとりあえず干してみることにしました。

夏頃に獣害でイノシシに畑を荒らされてしまいました。(ちなみに去年も荒らされてさつまいもなどは全滅)

さつまいもが埋まっているのは全部掘り返されておらずだったのでそのまま運に任せて残してましたが、けっこうな量が収穫することができました。

今年の冬は食材豊富な調理プログラムなどを過ごすことができそうです。

 

竹本