セレンディップという名前

 セレンディップとはスリランカの古い名前です。

 十八世紀の英作家ウォルポールはおとぎ話をもとに「セレンディップの三人の王子」という本を書きました。

 その中でセレンディピティという言葉を作り出し、その意味を「偶然と才気によって、さがしてもいなかったものを発見する」こととしています。

 

 一般社団法人セレンディップは「素敵な寄り道」ができ、「予想外のものが見つかる」ような場所でありたいと名付けました。

セレンディップの事業

 セレンディップでは障害者総合支援法の自立訓練(生活訓練)を用いて, 『働く土台』 を作る就労支援事業を運営しています。 

 また、それ以外にも不定期で引きこもりが稼ぐことをテーマにしたイベントの開催や訪問支援なども行っています。

 2019年度より、福祉・教育・医療事業向けのWEB事業を開始いたしました。

  1. 働く土台を作る就労支援
    • 働き始めたいけど、今は自信がない。そんな人に向けて生活習慣を立て直すところからサポートしています。
  2. 福祉事業運営者による教育・福祉・医療のためのWEB事業
    • 対人支援をしているセレンディップのWEBエンジニアが福祉・教育・医療事務所様の思いをデザインし、より多くの人に届けます。

社名:   一般社団法人セレンディップ

代表理事: 竹本 渓太

所在地:  滋賀県大津市晴嵐1-8-1 晴嵐ビル2F

事業内容: 若者支援事業/生活訓練事業/生活困窮者支援事業/その他上記に付随する事業

設立:   2014/12

従業員数: 6名